夜は十二時前に寝たほうがいいってほんと?

ウソです。


男性の会話などで「最近、徹夜ができなくなった」、「疲れがとれない」。

特に三十五歳くらいの人達に多い話題と思います。


しかし、三十五歳くらいといえば働き盛り世代のなかでは若い部類です。
働き盛りなので臭いが強いため、嫌われないようにするためには加齢臭 石鹸で洗った方がいいでしょう。
また、これからを期待される年歳でもあります。

期待されながら「疲れた」ではビジネスの世界では、生き残っていけません。

では、体力の低下をどのようにコントロールすればよいのでしょう?

それは質のよい睡眠をとることです。


昔から、よい睡眠は「十二時前には寝る」などといわれていますが、実際、日々忙しい現代のビジネスマンには、毎日十二時前に寝るのは現実的に難しいでしょう。


就寝時間にこだわるよりも、体内時計のリズムを崩さないことのほうがより大事なことです。

毎日だいたい同じ時間に寝て同じ時間に起きるということです。


毎日帰宅が遅く、寝るのが深夜になってしまうのならば、遮光カーテンを利用して早朝の光が入らないようにするなどの工夫をして、質のよい睡眠がとれる環境作りをしてみましょう。



● パターン化されれば問題のない人も

ただし、あまりにも極端な生活は体によくないのはたしかです。

ある調査でも、夜勤などで昼夜逆転生活を送っている人は、心臓病やがん、糖尿病などのリスクが高いという調査結果もあります。


人間は順応性が高いので、日々、同じ時間に寝て、同じ時間に起きる、規則正しい生活パターンを保つことが大切です。